menu menu
menu menu
menu menu
menu menu
スマホ用メインイメージ
画像

  • 大
  • 中
  • 小

妊娠中のセサミン摂取は?

妊娠中でもセサミンを摂取したいという女性は多いかと思います。
「セサミンの代表的な効果」で解説しているように、セサミンには様々な健康効果があります。

更に、「女性におすすめ」でも説明しているように、
女性に嬉しい効果も多々あることが分かっています。

妊娠中の女性はお腹の中で子供を育てるために、多くの栄養が必要であると言われています。
しかし妊娠中にはつわりが酷くて食べられなくなる時期もありますし、
普通の食事だけで栄養が足りているのか?と、心配になる方も少なくないでしょう。

セサミンは食品で摂ることの出来る天然成分ですので、特に危険なことはないとされています。

セサミンの美容・健康効果を得るには1日に10~20mgを摂取するのが望ましいとありますが、
この量はセサミンを豊富に含むゴマを積極的に食べることでもクリア出来ます。

このことから考えて、妊娠中でも常識的な範囲でセサミンを摂取することは
特に問題ないと考えられています。

ただし、セサミンに限らず妊娠中はあまりサプリメントを摂らない方が良いとされることもあります。
栄養補給にサプリメントを摂りたくなる気持ちは分かりますが、栄養は子供に優先して与えられるため、
普通に食事をしていても十分に足りると考えられています。

妊娠中の栄養に関してはまだ不明な点もあるため、
万が一のことを考えてサプリメントの摂取は控えて下さいというのが一般的な考えなのです。

そのため、ほとんどのサプリメントには説明書に「妊娠・授乳中の方、小児のご利用はお控え下さい」といった記載があります。

こういったサプリメントの摂取に対する考えは医師によっても変わってきます。
なかなか食事を摂れない妊婦さんに対しては、積極的にサプリメントを勧める医師もいます。

いずれにせよ、まずはパッケージの注意書きなどをよく読み、指示に従うのが良いでしょう。
摂取が可能そうであれば、一度医師などに相談し、摂取目安量をきちんと守って利用するようにしましょう。
基本的には食事から補えるようにするのが理想的です。

Copyright© 2013 super goma life All Rights Reserved. お問い合わせ先: goma*xn--0-hfura9lzd.com *を@に変更して下さい